店長の豆知識 体温

こんにちは(^^)

暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続きます。

桜の季節が恋しいです♡

身体もまだ冷えますね…そこで本日は体温についてのお話しです。

DNAのリスクでも体温が低い方が非常に多いのが現実です。

本来の身体の機能が正常に動く平熱は36.5度~37.0度と言われています。

冷え性の方に多いのが平熱35度代。

体温が1度上がると身体の機能も変化します。

免疫力は37%上昇し 風邪や病気にかかりにくく 治りも早くなります。

基礎代謝は12%上昇し 代謝が上がるとすると1ヶ月で体重が1~2kg減少します。

体内酵素の働きが50%上昇し 消化機能だけでなくエネルギー生産力も上がります。

更に 癌細胞に至っては35度を最も好み 活発になってしまいます。

以上の事を見ても ダイエットのみならず 体温によって健康状態が変わることも明らかです。

ダイエットにも重要な基礎代謝では体温が上がることでおよそ1割カロリー消費が高まると言うことです。代謝は女性ホルモンの分泌にも大いに関係します。美肌、老化防止にも欠かせません。体温を上げることは美をつくる上でも重要なポイントです!

そこで改善してほしいのが内臓を冷やさないと言うことです。

昔の人は良く言いました。おなかや腰は冷やしてはいけないと。

理にかなっています。

血液は内臓を温め守ろうとする働きがあります。ここに血液は集まります。

ここを冷やしてしまうと冷えた血液が身体全体にめぐり冷え性の原因や体温低下につながります。そして…腰回り、太ももなど、温めようと脂肪がつきやすくなります…(^^;

温めましょう、内臓。

温める方法として1番簡単なのが「腹巻き」ちゃんです(笑)

春、夏、秋、冬、1年中腹巻きちゃんです。勝負日だけ外せばよいのです(笑)

湯船につかることも大切です。額にほんのり汗がにじむくらいまでつかると体温が1度上がるそうです。そのままお布団へGOです。

しょうがの紅茶などは体内から温めてくれます。

とにかく 冷えは女の敵です!

身体を温めることを意識して 美しく健康的な身体にしていきましょう。

豆知識をもうひとつ、

体温計を10分間脇の下に入れ体温を計って下さい。

10分間計ることで内臓の温度に近づくと言われています。

36.3度以下だと内臓が冷えていると言えるそうです。

1度試してみてはいかがですか?

店長の豆知識でした(^^)

過去アーカイブ