店長の豆知識 コラーゲンの母 繊維芽細胞

こんにちは(^^)

春が来ましたね♪

そろそろ日差しが暖かくなってきました♪

そしてだんだん強くなる紫外線・・・

私の大切なコラーゲンちゃんが破壊されてしまいます・・・

今日は大切なコラーゲンの母  繊維芽細胞 のお話です。

水分を除いた真皮の約70%はコラーゲンが占めています。

そしてコラーゲンをつないでいるのがエラスチン、

コラーゲンとエラスチンの間を埋めているのがヒアルロン酸。

といった真皮の主要となる成分を作りだす土台となる

最も重要な細胞が  繊維芽細胞 です。

この母なる繊維芽細胞が元気に働くことで

ハリと弾力のあるみずみずしい肌を保っています(^^)

しかし、老化や紫外線のダメージにより 繊維芽細胞が衰えて働かなくなると コラーゲンやエラスチンなどが生み出されなくなり

真皮は古いゴムのように弾力を失い表皮を支えられなくなります。

これがシワやたるみの原因となるのです。

大切なコラーゲンを生み出してくれる 繊維芽細胞の活力をアップさせるのが

いつまでも若々しくハリのある肌を保持する[鍵]なのです!

繊維芽細胞の活力をアップするには・・・

やっぱりお肌はしっかりと保湿を行い 角層を柔らかい状態に保っておくのがポイントの1つ。更にお肌の代謝を上げること 人差し指と中指で優しくお肌をくるくるとマッサージ。肌全体の血液循環や繊維芽細胞の代謝、皮膚をつくる表皮細胞などをまとめて活性化出来るのです(^^)

化粧品成分としては コラーゲン量を増やす作用のあるレチノールやビタミンC誘導体、肌全体の代謝を上げるナイアシンやAHAなどでケアするのもおすすめです。

古い角質をピーリングでとってあげると肌代謝が上がり、下から新しい皮膚が生まれてきます。いわば、肌の若返り作用です。年齢と共に遅くなるターンオーバーを早めます。

様々な方法で 繊維芽細胞の活力をアップして大切なコラーゲンを守りましょう!

余談ですが 卵巣から分泌されるエストロゲンは美しさや若さのホルモンと言われています。エストロゲンは 肌のコラーゲンを守ったり肌の水分量を増やしたりと美肌にはかかせないホルモンです。

繊維芽細胞の活力を上げ 女性ホルモンを整えて美肌の切符を手に入れましょう♡

店長の豆知識でした♡

過去アーカイブ