店長の豆知識 野菜の色と効果

こんにちは(^^)

先日、スーパーへ行き、野菜を眺めてきました(笑)

ビタミンCにβカロテン、それからビタミンEにリコピン、アントシアニン、カプサイシン・・・

野菜には色々な身体に良い成分が含まれています。

そんな野菜の美容効果について 本日はお話します。

野菜の色によっても 栄養価が違うことをご存知ですか?

赤色、黄色、緑色…など様々な色があります。

これは野菜が紫外線などから身を守るために 自ら作り出したもので、

私達の身体の中でも同じ効果を発揮します。

ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富な野菜たち、

それぞれの色の働きの代表的なものをご紹介します。

緑の野菜

・緑の色素は 「クロロフィル」 抗菌、デトックス効果

・豊富なビタミンC

・美白効果が高い

・糖質が少なくダイエット効果もアップ

赤の野菜

・赤の色素は 「リコピン」 強い抗酸化作用

・カプサイシンの赤は 脂肪燃焼効果

・老化防止、血液サラサラ効果

・ビタミンCが豊富

紫の野菜

・紫の色素は 「アントシアニン」 アンチエイジング効果

・強い抗酸化作用

・夜の摂取で肌再生を促進

黄色の野菜

・黄色の色素は 「βカロテン」免疫力のアップ

・抗酸化作用

・老化防止

白色の野菜

・白の色素は 「イソチオシアネート」 代謝促進効果

・辛み成分で代謝アップ

・血液サラサラ、血管強化!

代表的な効果を上げてみました。

もちろん重複する効果や細かい効果はまだまだあります。

色によって代表的な効果だけでも知っていると

美肌作りも楽しくなります♪

日に日に暖かくなりますが

肌には過酷な日差しが待っています。

楽しく野菜を選んで 美味しく食べて 日差しに負けない美肌を作りましょう♡

店長の豆知識でした(^^)

過去アーカイブ