店長の豆知識 美脚の大敵 むくみ

こんにちは(^^)

暖かくなりました…というより

ときどき暑いです(笑)夏を感じる今日この頃です。

先日、エステにいらしたお客様よりこんなご質問がありました。

「脚がむくみやすく、夕方には足がパンパンに張って…

だるさを感じます。むくみを解消する方法はないですか?」 と。

夏も近づき、脚を出す機会も増えてきます。

むくみのない 美脚を作るためにも

本日は「むくみ」についてお話ししていきます。

まずはむくみの原因からお話しします。

一般的にむくみとは「細胞外浮腫」と言われる症状です。

体内の細胞と細胞の間に水分量が増え、

それが過剰に溜まった状態 の事です。

水分が体の外に上手く排出されず、体の中に溜まってしまう、

特に下半身は重力の影響で溜まりやすくなります。

よって体の中の水分を

“いかに流すか、いかに排出するか” がとても大切になります。

様々な方面からアプローチを行い

身体を 「水はけの良い体質」に変えていくことが必要 です。

そこで水はけの良い身体を作るには? ですよね(^^)

大切なのは リンパの流れを良くすること!

リンパ液は体の中の老廃物を運んで排出する役割があります。

リンパ管は心臓と違いリンパ液を押し出すポンプがありません。

ポンプの代わりに筋肉の力でリンパ液を押し出しています。

筋肉を刺激し、筋肉の力を借りて リンパの流れを良くしていきましょう!

マッサージなども効果的です。

足首からひざに向けて 下から上へさすりあげていきます。

ふくらはぎを包み込むように 手のひらを密着させ 少し早めのスピードで。

次はふくらはぎの内側を掴み、雑巾を絞るように揉んでいきます。

後は手のひらで血行を促すように優しくたたく。

それだけで効果はあります。

歩くときは大股で颯爽と歩く、軽く足首を回したり

アキレス腱を伸ばすだけでも違いは出ます。

水分補給も大切なことのひとつです。

体を水分不足の状態にしないこと!

水分が不足すると脳から水分不足を回避するため

体に水分を溜め込むよう指令が出ます。

よって、過剰な水分を溜め込み、むくんでしまう…逆効果(泣)

1日 1.3ℓ~1.5ℓを目安にお水の摂取をおすすめします。

ゆっくりと少しずつお飲み下さい(^^)

ちなみにアルコールの摂取量も控え目が良いかと思います。

アルコールは体内から水分を排出する作用があります。

どうしてもという方は お水と一緒に交互に飲んで下さい。

アルコールの分解を早めるので

二日酔い、悪酔いの防止にもなりますょ(^^)

出来るなら、1日の終わりに疲れた脚を癒すように

毎日行ってほしい…エステティシャンからのお願いです(笑)

店長の豆知識でした(^^)

過去アーカイブ