店長の豆知識 良質の油 オメガ3

こんにちは。

街はクリスマス1色です(^^)

私にもサンタはやってくると信じて… お仕事します(^^;;

本日は 脂質摂取リスク型必見!

良質の油、取るべき油、  「オメガ3」 についてです。

最近、耳にします「オメガ3」。  私、最初…星の名前かと思いました(笑)

多価不飽和脂肪酸に分類され必須脂肪酸(体内では作りだせない、又はごく微量の油、食事より摂取する事が必要とされている油)でその中に「オメガ6」と「オメガ3」があります。必須脂肪酸は細胞膜を作ったり、エネルギーとして働くため 私達の身体には必要不可欠な油です。そうです。

体内で作れないから、外から補給しなければならないのです。

そしてこの「オメガ6」と「オメガ3」はとても密接な関係にあります。

まったく真逆の働きをするのです。

オメガ6                オメガ3

・アレルギー促進            ・アレルギー制御

・炎症促進               ・炎症制御

・血栓促進               ・血栓制御

・血液を固める             ・血管促進

まるで「オメガ6」がアクセルなら 「オメガ3」はブレーキという役割です。

全く逆の働きをするこの油達の重要性は摂取バランスにあります。

理想摂取バランスは「オメガ6 : オメガ3」 は 「4 : 1」 が良いとされています。

この理想バランスが崩れると、身体の機能は大きく崩れていきます。

「オメガ6」はサラダ油やコーン油、ごま油、マヨネーズなどが代表的で日常生活の中で気にしなくても取れてしまう油です。というより現代では過剰摂取が指摘されています。

反対に「オメガ3」は青魚から取れるEPAやDHA、亜麻仁油、エゴマ油など意識しないと摂取出来ない油です。アクセルは全開なのに、ブレーキがきかないと言う状態が現代人の身体の中で起きている出来事です。

日常何気なく使っているサラダ油やマヨネーズを少し抑えて、

ドレッシングに亜麻仁油を使い、イワシやサバなどの青魚を意識して食べてみる。など脂質摂取のバランスを見直すことで 身体は変化して行きます。

大切なのは 摂取バランス 4 : 1 です。

「オメガ3」には 動脈硬化を防ぎ、血糖値を安定させ、コレステロール値や中性脂肪の低減、心臓病の予防、更にはアンチエイジングの効果もあるとして、アメリカではヘルストレンドとされています。DHAやEPAのサプリが売れる訳はここにありました(笑)

但し、取り過ぎは注意です!「オメガ3」も脂質です!

取り過ぎれば 脂肪となり、肥満のもととなります。。

何事も「ほどほど」が大切と思う今日この頃です。

店長の豆知識でした。

過去アーカイブ